認知症ケアパス

現在の進行具合

ひとりで生活ができる

もの忘れにより生活のしづらさがある。日付や時間が分からなくなる。
買い物やお金の管理にミスがみられる。日常生活はなんとか行っている。
こんなことはありませんか
□出来事を忘れる □日時が分からない □意欲の低下 □もの盗られ妄想
□食事に客を招く段取りができない □小銭での支払いができない

ケアのポイント

介護保険の申請等

ケアマネジャーやかかりつけ医等と相談し、介護保険を申請するなど、安心した生活が送れる環境を整えましょう。薬による治療、役割や社会参加の機会をもち、進行を予防しましょう。

クリックボタン

家族の心がまえ

頑張り過ぎない

どのような医療や介護サービスがあるかを知って早めに介護サービスを利用し、頑張り過ぎない介護をこころがけましょう。

ご本人・ご家族を支援する主な制度やサービス

介護・福祉医療家族支援生活支援予防住まい

認知症の進行を変更する

  • 認知症の疑い
  • ひとりで生活できる
  • 見守りが必要
  • 手助け・介護が必要
  • 常に介護が必要
ページトップへ
  • ホーム
  • 認知症ケアパス
  • イベント情報
  • 若年性認知症
  • ダウンロード
  • 関係機関